社会人のマナーとしての送付状

社会人のマナーとしての送付状

送付状を送るということ

今、これから、転職活動をする方へ。

人材紹介・転職なら『マイナビエージェント×IT』
|転職支援のプロ!幅広い業界・職種を取り揃え|オススメ度5

実に様々な業界で強みを発揮する転職支援のプロ会社、株式会社マイナビエージェント

グループとしての知名度の高さ、転職支援実績で企業との太いパイプを持ちます。これは人材紹介会社にとって非常に大きな強みです。
あなたに合ったキャリアプランの提案から非公開求人の紹介、面接対策や待遇交渉まで、転職活動におけるエキスパートならではの付加価値を利用してみてください。

IT業界にも強く、幅広い業界・職種に対応が可能です。

詳細はこちら ⇒ 人材紹介・転職なら『マイナビエージェント×IT』

●社会人のマナーとしての送付状

送付状の書き方に入る前にもう一つ。

転職活動の三点セットに送付状が入っていますが、それを抜きにしても履歴書に送付状を添えて送るのは社会人としてのマナーといってもいいかもしれませんね。
例えば、ビジネスの現場では書類、契約書類や諸々の書類を送付する時に送付状は必ず添えるものです。

送付状は、用件を記したもの、「何を」「誰が」送ったかを確認するための文書でもありますので、添えることがマナーとなっています。

ですので、履歴書を郵送する際にも、送付状を添付して送ります。

しかし、学生の方だと、

「そうはいっても、送付状を書いた事なんか無い。送付状の書き方が分からない」

ということもあるかと思います。
そんなときは、せめて、履歴書を送付させていただきました、面接を受けたいのでよろしくお願いいたします、というようなことを(本当はもっときちんとした言葉遣いで書きます)書いて送るようにします。

送付状が添えられていれば、それだけで採用担当者の方に、社会人としてのマナーをしっかりと持っている、気遣いを持っているのだと印象を与えられると思います。
(逆に、キャリアを積んでいる方は送付状がないと減点されるかもしれませんね)
事実、学生の場合、送付状が添えられていない人も中にはいるようです。
つまり、送付状(送り状)を添えれば、差がつくこともあるわけですね。

そういった可能性もありますので、ぜひ、送付状は添えて送りましょうね。

本気で転職活動中!の方へ。企業との太いパイプ、転職支援実績でオススメです。

 

次の記事 ⇒ 送付状の書き方

【履歴書・送付状 参考書籍】

⇒ 履歴書の参考書はこちら
⇒ 職務経歴書の参考書はこちら