送付状の書き方その2 用紙など

送付状の書き方その2 用紙など

送付状の書き方 用紙・封筒

今、これから、転職活動をする方へ。

人材紹介・転職なら『マイナビエージェント×IT』
|転職支援のプロ!幅広い業界・職種を取り揃え|オススメ度5

実に様々な業界で強みを発揮する転職支援のプロ会社、株式会社マイナビエージェント

グループとしての知名度の高さ、転職支援実績で企業との太いパイプを持ちます。これは人材紹介会社にとって非常に大きな強みです。
あなたに合ったキャリアプランの提案から非公開求人の紹介、面接対策や待遇交渉まで、転職活動におけるエキスパートならではの付加価値を利用してみてください。

IT業界にも強く、幅広い業界・職種に対応が可能です。

詳細はこちら ⇒ 人材紹介・転職なら『マイナビエージェント×IT』

●送付状の書き方その2 用紙など

送付状(カバーレター)を書くときに使う紙はどんなものが良いのでしょうか。
送付状に使う用紙ですが、基本はA4の用紙を使用します。

ビジネスで一般的に使うサイズですし、職務経歴書などもこのサイズですので見やすいと思います。
(履歴書と職務経歴書のサイズが統一されていると良いでしょう)
色は白を用い、インクは黒を使います。
黒の万年筆か、ボールペンです。

見やすい組み合わせですね。
間違っても、模様が入った用紙や、ポップなものは使わないようにします。

またパソコンで送付状を作成する場合、職務経歴書で使ったフォントと統一させましょう。
(職務経歴書はPCで綺麗に作成するのが一般的です。「編年体式」と「キャリア式」があります)
ちなみに、明朝体が一般的です。

●封筒の書き方

封筒は、無地を用います。
このとき、応募書類が折らずに入るサイズを選ぶようにします。
クリアファイルに入れて、折れ曲がらないようにするのも、気配りがあって良い印象を与えるかもしれませんね。

封筒の表面には、左下に「履歴書在中」もしくは、「応募書類在中」と赤字で記入します。
明記しておくと、採用担当者にきちんと早く届きます。
間違って違う部署に届く、なんていうケースも無きにしも非ずです。
きっちりと明記しましょう。

あて先ですが、会社や人事部などの場合は、御中。
役職、部長、課長などの場合は殿。
担当者宛の場合は、様とします。

書留や速達など、普通郵便以外で郵送すると、熱意が評価されることもあるようです。
(ケースバイケースです)

本気で転職活動中!の方へ。企業との太いパイプ、転職支援実績でオススメです。

 

次の記事 ⇒ 送付状の書き方その3 自己PR

【履歴書・送付状 参考書籍】

⇒ 履歴書の参考書はこちら
⇒ 職務経歴書の参考書はこちら